定点→観測
主にゲームをやった感想などを出来るだけ一つの視点にこだわって書ければいいなと思っています。 後はニュースを聞いて感じた事とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
妖魔ハンターリプレイ
新宿通りを西へ進んでいく途中、ふと足を止める。
妖魔ハンターとしての勘が何かを知らせたのだ。
左から何か人ならざる者の気配がする。

選択→危険を避ける。
   左手に入っていく。

危険を避けていては得るものは少ない。
俺はあえて左に進むことにした。
不気味な植物に覆われたかつての新宿御苑に入っていく。
早速上からバサバサという羽ばたきの音が聞こえた。

選択→上を見る。
   気にせず進む。

この状態で上を見ないものはいないだろう。
間一髪!!
黒い何かを寸前で避ける事が出来た。
今のは吸血コウモリのようだ。
しかし気を抜く暇も無く今度は足下から蛇が飛びかかってきた。
吸血コウモリに気を取られていたため、かわすのはギリギリのタイミングだ。
果たしてかわせるか?

運試し+8→8で成功。

幸運にも蛇もかわすことが出来た。蛇はそのままどこかへ行ってしまった。
まだ幸運は続いているらしく、蛇の立ち去った草むらの中に1クレジット金貨が落ちているのに気づき、所持金に加える。

次第に強まってくる霊気を辿りながら進んでいくと、そこには沼があった。
まるで俺がくるのを待ちかまえていたように、水面がざわめきエメラルド色をした龍の首が現れた。
龍はカッと目を見開き、こちらを見据えている。

選択→火炎の術で攻撃する
   話しかける
   手榴弾または火炎放射器で攻撃する
   逃げる

逃げるのは論外として、どうするか。
先手必勝が信条の俺としては、面倒なことはやめにして火炎の術で攻撃する事にした。
手のひらを奴に向けて念じる(体力-10)。
しかしどうしたことか一向に炎が吹き出さない。
どうやら龍の霊気が術を邪魔しているようだ。
狼狽する俺に対して、龍は穏やかに話しかけてきた。
驚いた事に龍は予言者めいた口調で、おまえが探している女は確かに3日前に新宿へ入っていったと告げた。
「おまえはおそらく天帝と地帝の双方に戦いを挑む事になろう。天帝には三つの鍵、地帝には封印のための魔法の品が必要になるはずだ。必ずこれらを手に入れよ。」
そう言うと龍はこちらに何かを投げてよこした。

内容決定、ダイスを振る。→1,2なら聖水の瓶。
             3,4,5なら回復薬。
             6なら護身の宝石。

俺が空中で受け止めたのは回復薬だった(ダイス5)。
「それは活力を与えてくれる薬だ(体力+30、戦闘中以外ならいつでも使用可能)。しかしどうも妙な副作用があるようだ。必要となったとき以外は利用しない方がよかろう。」
そう言い残すと龍は再び沼の中に消えていった。

ここではもう何も無いのだろう。
もと来た道を引き返しながら俺は今の出来事について考えていた。
あの龍は何者なのだろう。もしかしてここ新宿シティには天帝、地帝の双方にたいして支配を快く思わない何らかの力が存在するのだろうか。
やはりここ新宿シティは一筋縄ではいかないらしい。俺は気を引き締めると、新宿御苑を後にした。

現在の状態

体力 90ポイント
所持金 21クレジット
所持品 聖水の瓶、ヘルメット、偽造通行許可証、回復薬×1
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。