定点→観測
主にゲームをやった感想などを出来るだけ一つの視点にこだわって書ければいいなと思っています。 後はニュースを聞いて感じた事とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
妖魔ハンター
かつて一世を風靡したゲームブックですが、私も昔は良くやりました。
そこでお気に入りの奴をちょっと紹介したいと思います。

この「妖魔ハンター」は飛鳥新社というところから出たゲームブックです。
タイトルから想像が付くかも知れませんが、世界観は菊地秀行そのものです。
東京で起こった大地震を皮切りに世界中を襲った大災厄、どこからとも無く現れた妖魔たち、そしてそれを崇める暗黒教団…。
主人公はそれに対抗する妖魔ハンターとなって、攫われた恋人を探して新宿シティに迷い込みます。
この新宿シティはかつて大妖魔ゼル・ガッシュによって支配されていましたが、天帝と呼ばれる謎の方術使いによって地上部分は奪回されました。その後天帝は高層ビルに引きこもって強力な結界を張り、その結果として地上は天帝、地下は地帝ゼル・ガッシュの支配するところとなっています。

設定は上記の通りですが、ゲームブックでこういう世界観は非常に珍しかったのではないでしょうか。この街では主人公を巡って様々な陰謀が渦を巻いていて、ストーリーもかなり凝ったものでした。

個人的にはかなりの秀作だと思いますので、見つかったら手にとって見てください。決して損は無いと思います。まあなかなか見つからないとは思いますが。

出来ればリプレイとかしてみたいですね。
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。